アルファードの燃費をグレードごとに比較

ハイブリッドなら20.0km/リットル弱の燃費性能を誇る

アルファードはLクラスのミニバンで重量が2トンを超えるため、燃費性能について心配されている方も多いことでしょう。ここではアルファードの燃費性能について検討していきます。

 

ハイブリッドの燃費を検討する

 

アルファードはハイブリッドとガソリンエンジンのグレードに分かれており、それぞれで燃費性能が異なります。そこでまずハイブリッドの燃費性能を考えてみましょう。

 

アルファードは旧型からもともとハイブリッドがラインナップされており、燃費性能は16.2~18.0km/リットルの高い燃費性能を誇っていました。類似車でハイブリッドのものが少ないため比較は難しいですが、Lクラスサイズのミニバンで18km/リットル台の燃費性能はかなり優秀です。

 

では、アルファードの新型車ではどうでしょうか?まずは旧型と新型の燃費性能を比較してみましょう。

 

車種名 全高/車重 燃費性能
旧型アルファード(ハイブリッド) 1900mm/2100kg 16.2~18.0km/リットル
新型アルファード(ハイブリッド) 1895mm/2140kg 18.4~19.4km/リットル

 

上の表のとおり、アルファードの燃費性能は1割程度アップしています。よく見てみるとわかるのですが、旧型車に比べて車高は5mm下がっているものの、車重は40kgほど重くなっています。通常車重が重くなると燃費性能に大きく影響しますが、重くなっているのにもかかわらず燃費性能が1割アップできているのは驚異的です。パワートレーンのシステム刷新を行った結果と言えるでしょう。

 

他の車種との比較

 

他メーカーはLサイズミニバンのハイブリッド車がないため比較ができません。そこで、同じトヨタのエスティマと比較してみましょう。

 

エスティマはハイブリッド化されており、車格もアルファードとほとんど同じです。

 

車種名 全高/車重 燃費性能
エスティマ(ハイブリッド) 1760mm/1940kg 18.0km/リットル
新型アルファード(ハイブリッド) 1895mm/2140kg 18.4~19.4km/リットル

 

燃費性能を決定する要素として全高と車重があります。当然全高が低い方が空気抵抗が少ないので燃費性能は上がります。この2車種の場合、エスティマの方が全高も車重も軽いため、通常であればエスティマの方が燃費性能が高くなるところですが、アルファードの方が燃費性能は上です。

 

これもやはり、アルファードのパワートレーンの性能向上が原因と考えられます。全高が高い分車内空間が広く快適に過ごせる上に、燃費性能も高いということで言うことはありません。

 

ガソリンエンジングレードの燃費性能

 

アルファードにはガソリンエンジンのグレードも用意されています。車体価格は安くなりますが、当然アルファードガソリンエンジンの燃費性能はハイブリッドに比べて低くなります。

 

まずは、アルファードのガソリングレードの燃費性能をチェックしてみましょう。

 

グレード名 エンジン排気量 燃費性能
X、G、S 2493cc 11.6km/リットル
S"Cパッケージ" 2493cc 11.4km/リットル
GF、SA(Cパッケージ含む) 3456cc 9.5km/リットル

 

X、G、Sであれば11.6km/リットルとなり、Lクラスミニバンとしては普通の燃費性能となりますが、エンジン排気量が3456ccとなるGF、SAだと燃費性能は9.5km/リットルとなり一けたとなってしまいます。しかも、GF、SAはハイオクガソリンが必要となるため、燃費コストはさらに上昇します。

 

確かにアルファードの3456ccのハイパワーエンジンであれば低速域でも高速域でも快適な運転が可能となりますが、その分燃費コストは高くなることは覚悟する必要がありそうです。

 

他の車種との比較

 

ガソリンエンジンのLサイズミニバンといえばオデッセイやエルグランドがあります。燃費性能を比較してみましょう。

 

アルファード(ガソリン) 9.5~11.6km/リットル
エグルランド 10.8km/リットル
オデッセイ 13.6km/リットル

 

このクラスでは、アルファードの3456ccエンジンのグレードが唯一一けた燃費となっています。エルグランドでも10.8km/リットル、オデッセイは13km/リットル以上の燃費性能を誇っているため、ガソリンエンジンのアルファードは燃費性能の面ではやや劣勢と言った方がよさそうです。もちろん車体サイズや重さ、エンジンが違うので一概に比較はできませんが、アルファードのガソリンエンジングレードを選ぶ場合は少しコスト面で注意したほうがよさそうです。

 

実燃費はどうなの?

 

新型アルファードは発売されたばかりなので実燃費はまだわかりませんが、旧型アルファードと近い性能なので旧型の実燃費が参考になります。

 

旧型車の実燃費を集計した結果、以下のような形になりました。

 

旧型アルファード(ハイブリッド)実燃費:9~14km/リットル

 

データにはバラツキがありますが、アルファードの運転方法や環境によって実燃費は変わってくるのである程度は仕方ありません。それにしても、カタログ燃費性能のから2割程度落ちる程度の燃費性能は出るということがわかります。

 

以上を考慮すると、新型アルファードの実燃費性能は

 

新型アルファード(ハイブリッド)実燃費予想:10~15km/リットル

 

となるはずです。あまりぱっとしない燃費に見えますがLクラスミニバンとしてはかなり上等な数字でしょう。

 

一方、アルファードのガソリンエンジンの方が少々苦しいです。2割程度落ちることを考えると、

 

新型アルファード(ガソリン)実燃費予想:4~7km/リットル

 

このような形に落ち着くでしょう。ガソリン価格にもよりますが、運用コストはそれなりの覚悟が必要そうです。

 

やはり、予算が許すならハイブリッドのアルファードを購入した方が後悔はないでしょう。

 

アルファード格安購入術

 

 

今ここをご覧になっているのであれば、新型アルファードの購入をご検討中かと思います。

 

アルファードを安く買うなら値引き必須ですが、アルファードは低燃費で人気もありますので、値引き難易度は高く時間もかかります。せっかく時間をかけたのに、あまり値引きできず不満の残ったまま高く購入してしまう恐れもあります。

 

ならば、アルファードの未使用車を検討するというのもよいのではないでしょうか。

 

未使用車というのは、その名の通り未使用の車と言う意味です。なので車体は新車と違いがありません。また、車体価格は新車より最大80~100万円程度安くなっています。

 

しかも、保証も新車と同じく3年のメーカー保証が付きます。購入後ディーラーに持っていけば簡単にメーカー保証を付けることができます。

 

アルファード未使用車はどこにある?

 

アルファードはハイブリッドもラインナップされており、低燃費で人気がありますが、未使用車も多く出回っています。しかしそのほとんどが全国のショップに散らばっているので、好みの条件のアルファードを自分で探すのはほぼ不可能でしょう。

 

そこで役立つのが「なびくる+」というサービスです。このサービスはこちらで設定した条件に見合った中古車を探してくれるサービスで、未使用車にも対応しています。なのでうまく条件を設定すれば、好みのアルファード未使用車を探してきてくれます。

 

アルファードの年式を今年にする

 

↑年式は今年に設定します。

好みの条件を設定する

 

↑「未使用車希望」「グレードは●●希望」といった条件を、備考欄に記入します。

 

すると、希望通りのアルファードが紹介してもらえるという寸法です。

 

もちろん条件通りのアルファードがあるとも限りませんが、サービスを使うのは無料なので、試してみたほうがいいでしょう。

 

なびくる+の公式サイトは↓です
https://a-navikuru.com/sale

 

繰り返しになりますが、アルファードの値引きはうまくいくとは言い切れません。ならば最初からきっちり値引きされており、なおかつ車体も保証も新車同様の未使用車をゲットするのも賢い選択でしょう。新型アルファードは以前に比べて燃費もよくなっており、格安の未使用車を購入することでさらにトータルコストをダウンさせることができるでしょう。