アルファードのおすすめグレード

アルファードで欲しいグレードを探す

アルファードにはガソリンエンジンタイプとハイブリッドタイプの2種類があり、それぞれに複数のグレードがあるためグレード選びが若干ややこしいところがあります。まずはアルファードのグレードについて整理し、それから最適のグレードを探してみましょう。

 

まずはアルファードのグレードごとの価格を比較しました。予算と照らし合わせて、購入できそうなグレードを絞り込んでみましょう。

 

グレード名 価格(7人乗り/8人乗り)
X - / 3,197,782円
G 3,995,018円 / 3,953,782円
S 3,578,727円 / 3,537,491円
S・Aパッケージ 3,754,473円 / -
S・Cパッケージ 4,173,709円 / -
SA 4,145,237円 / -
SA・Cパッケージ 4,585,091円 / -
GF 4,842,327円 / -
エグゼクティブラウンジ 6,522,218円 / -
X(ハイブリッド) 4,155,055円 / -
G(ハイブリッド) 4,775,563円 / -
SR(ハイブリッド) 4,919,891円 / -
G・Fパッケージ(ハイブリッド) 5,356,800円 / -
SR・Cパッケージ(ハイブリッド) 5,501,127円 / -
エグゼクティブラウンジ(ハイブリッド) 7,036,691円 / -

 

一覧を見てもわかるとおり、アルファードのグレード別の価格差はかなりあります。一番安いのがガソリンエンジンの「X」で310万円台、最も高いのはハイブリッドの「エグゼクティブラウンジ」で700万円台となり、400万円もの差があります。

 

また、ハイブリッドは最安でも「X(ハイブリッド)」の410万円代となり、ハイブリッドを選ぶなら400万円以上の予算は必ず必要となります。ハイブリッドを購入するつもりなら、450万円程度は予算を見ておいたほうがよいでしょう。

 

ガソリンエンジンのベストグレードは?

 

まずは、アルファードのガソリンエンジングレードを見ていきましょう。

 

最初に選択すべきなのは「エンジンタイプ」です。アルファードには2493ccエンジンのものと3456ccエンジンの2タイプがあり、どちらかを選ぶ必要があります。以下にメリット・デメリットをまとめたので、好みで選択してください。

 

エンジンタイプ メリット デメリット
2493ccエンジン

・燃費コストが安い
・車体価格が安い

・パワー不足になることも
3456ccエンジン ・圧倒的パワー(最大280馬力)

・燃費コスト高い(9.5km/リットル)
・車体価格が高い(約100万円アップ)

 

2493ccエンジンの方は、まず車体価格が安いことが挙げられます。最廉価だと300万円台で購入でき、「300万円でアルファードに乗れる」というステータス価値があります。また燃費性能も高く、11.6km/リットルで走行できます。

 

一方、アルファードの3456ccエンジンは最大280馬力の大パワーが魅力です。ミニバンは乗車人数いっぱい乗り込んで荷物と大量に積むとさすがに重く感じることがありますが、これだけのパワーがあればそんなことはなく、スイスイ走行できます。その代り燃費性能は9.5km/リットルとなり、実燃費では1リットルあたり数キロしか走れないこともあるでしょう。そのあたりのコスト面での高さが飲み込めるかどうかがポイントとなります。

 

とはいえ、燃費性能の話でいえば「それほど差はない」と言ってもよいでしょう。確かに2493ccエンジンの方はいちおう燃費性能は二けたありますが、せいぜい10km/リットル行けばいいほうです。運転の仕方次第では3456ccエンジンの燃費性能を下回ることもあるはずです。

 

なので、車体価格の差額が100万円あっても構わないのであれば、3456ccエンジンのグレードを購入した方が後悔はないでしょう。大した差はないものの、一応高いアルファードのグレードのほうが値引きも引き出しやすい傾向があるほか、中古車として売却するときもグレードが高い方が高額売却ができます。なので、実際の差額は100万円以下になるでしょう。そういった意味でも、ガソリンエンジングレードを購入するなら3456ccのタイプがオススメといえます。

 

どのグレードがおすすめ?

 

エンジンを決定したら、あとはグレードを選択することになりますが、グレードごとの差はほぼ装備の差のみと考えて問題ありません。つまり、自分に必要な装備がついているアルファードのグレードを選べばいいだけです。

 

基本的にはインテリア・エクステリア周りが豪華になるかどうかの差しかないので、気にしないなら低めのグレードを、プレミアム感を出したいなら高いグレードを選ぶとよいということになります。

 

また、最近のトレンドでは安全性能も重視されており、グレードごとに安全機能に大きな差がある車種もありますが、アルファードの場合は全グレード共通でたいていの安全機能はついているので、安全性能の差を考慮する必要はそれほどありません。

 

唯一気にするポイントとしては、パワースライドドアがあります。全グレード共通で助手席側のパワースライドは装備されているので、助手席側だけあればいいのなら気にしなくてもよいですが、両側スライドドアにしたい場合は「G」「GF」「SA」以上のグレードを選ぶ必要があります。とはいえ、それ以外のアルファードのグレードもオプションで追加はできるので、「アルファードの安いグレードを選び、パワースライドのみオプション追加する」という方法でも全く問題はありません。

 

全てを考慮すると、最廉価グレードの「X」でもそれほど困ることはないでしょう。ただ、アルファードというブランド車種に乗るのであれば、インテリア・エクステリアにもある程度のプレミアム感は欲しい所。なので、オススメグレードとしては標準で茶木目調のドアトリムになり、フロントヘッドランプにイルミネーション機能が付いた「G」が挙げられます。

 

「G」であればシートアレンジもパワー式でできるため、マニュアル式の「S」「X」よりもラクラクシートアレンジが可能となり、快適な走行が可能となります。

 

ただ、アルファードのG以上のグレードは基本的には内装の豪華さが増す程度なので、好みで選ぶ程度でよいでしょう。

 

ハイブリッドのベストグレードは?

 

ハイブリッドの場合はエンジンに差がないので、単純に装備で選択することになります。アルファードのグレード選択方法はガソリン車とほとんど同じです。

 

両側パワースライドのある/なし、シートアレンジがパワー式かどうかなどをしっかり検討し、あとはインテリア・エクステリアのプレミアム感がほしいかどうかでグレードを選択すれば大丈夫です。

 

どのグレードがおすすめ?

 

両側パワースライドはオプションで追加できるので、あとはシートのパワー制御ができるかどうかを考えましょう。パワー式が搭載されるのはG以上のグレードからとなるので、シートアレンジをよく変更するならG以上のグレードを選択したほうがよいでしょう。

 

それ以上のアルファードのグレードに関しては好みの問題となります。セカンドシートのタイプを何にするか、内装の模様をどうするかなどで考慮すればよいでしょう。

 

グレード選びのちょっと耳より情報

 

このページをご覧になっているということは、アルファードの新車購入を検討されているのだと思います。とはいえ、すでに紹介した通り、アルファードは320万円~700万円の価格となり、国産車の中ではかなり高い部類に入ります。限界値引き額は30万円程度ですが、そこまでの値引きを引き出すには高い交渉スキルが必要ですし、交渉にかなりの時間がかかります。

 

そこでオススメなのが、未使用車、新古車のアルファードです。

 

アルファード S Aパッケージ FF/CVT 新車

車体本体価格

重量税+取得税

合計

 

4,505,073円

78,800円

4,583,873円

アルファード S Aパッケージ FF/CVT
未使用車

車体本体価格

重量税+取得税

合計

 

3,559,000円

0円

3,559,000円

※差額は100万円!
※ボディ色:ホワイトパール、パワースライドドア、9インチナビ、ETC、リヤシートエンターテインメントシステム、フロアマットなど同条件で比較

 

↑は、一例として、アルファードのS Aパッケージグレードの新車と未使用車を価格比較したものです。これを見てもわかる通り、未使用のアルファードは新車に比べて100万円近く安くなっています。

ハイブリッドはちょっと高い…
4WDにしたい…
一つ上のアルファードのグレードにしたい…

なんてときでも、未使用車なら予算以内に収まるかもしれません。

 

しかも、新車登録されていれば重量税・取得税は支払済みなので、こちらの負担はありません。そのため、さらに8万円近くコストを下げることができるのです。

 

値引きでも価格を下げることはできますが、交渉に1週間以上かかるほか、繰り返し交渉してやっと多少の値引きができるものなので、初めから限界値引き以上の減額がされているのは魅力です。

 

未使用車・新古車ってどこにあるの?

 

アルファードの未使用車は自動車販売店で売られていますので、「地元のお店で探す」というのも不可能ではありません。しかし、全国各地に点在しているので、どうしてもアルファードのグレードやボディ色、メーカーオプションなどで妥協してしまいがちになります。なので、全国を網羅したネットサービスで探した方がよいでしょう。

 

ただ、注意すべきことが一つあります。未使用車というのは、ネットサービスでは非公開となることが多いのです。なぜなら、販売店が未使用アルファードを登録して、それがサイト上に反映されるまでにどうしても時間がかかるからです。その間は、当然公開はされていませんので、こちらから見つけることはできません。そして、公開されたらすぐに売れていくので、実際のところは公開中のクルマの3倍以上の非公開車があると言われています。

 

そのため、全国から条件通りのアルファードを見つけるには、非公開車に対応したのネットサービスを使うことが重要なのです

 

このネットサービスがおすすめ

非公開のクルマを探す際におすすめなのは「なびくる+」で、非公開車両を含む年間60万台もの自動車情報を抱えています。その中には未使用車、新古車も多数含まれています。

 

 

使い方もカンタンで、↑の画像のように、「年式」の部分を今年にしておき、『備考欄』に「未使用車希望」「予算は○万円以下」「グレードは○希望」「プリクラッシュ搭載希望」などの条件を記入すればOKです。

 

すると条件に見合ったクルマが提案されるので、好きなものを選択すればよいのです。

 

非公開車を探さないで未使用車を見つけようというのは非常にもったいないです。なので、一度はなびくる+を試したほうがいいでしょう。

 

なお、なびくる+には中古車のアルファード非公開車もたくさんあります。走行距離1万キロ以内、修復歴ナシといったアルファードが120~140万円以上安いこともあるので、予算が不安なら中古車の紹介も受けておいたほうがいいでしょう。

 

なびくる+の公式サイトはこちらです。
https://a-navikuru.com/sale

 

そもそもなぜ未使用車がある?

 

ミニバンは非常に激戦ジャンルなので、トヨタはアルファードの販売台数を増やそうとして必死に生産しています。そして、ディーラーに対しても圧力をかけ、販売台数ノルマを達成できたディーラーには数百万ものインセンティブを支払っています。ディーラー側もインセンティブが欲しいので頑張って売ろうとしていますが、中にはノルマを達成できないディーラーもあります。そんなときに、ディーラーは自腹で新車を購入してノルマを達成したことにするのです。それほど、インセンティブが魅力的ということです。

 

もちろん、ディーラーが自腹購入したアルファードは新車として販売できませんから、未使用車として市場にあふれ出すことになるのです。

 

未使用車って問題ないの?保証はどうなっているの?

 

未使用車は走行距離が数キロあるし、新車とは違うんじゃないの?という印象があるかもしれませんが、心配はいりません。というのも、新車も最終テストでどうしても数キロ走行しますので、走行距離ゼロで乗りだしできることはないのです。なので、車体としての違いはありません。

 

また、他に気になるのが保証の部分だと思いますが、これも問題ありません。アルファードに限らず、国産車には必ず、新車登録から3年間はメーカー保証が付きます。なので、未使用車を購入してから、最寄りのディーラーに行って手続きを行えば、3年間のメーカー保証が付きます。なので、保証条件は新車とほとんど変わりません。

 

デメリットがあるんでしょ?

 

もちろんデメリットもあります。完成品を購入することになるので、グレードやボディーカラーは固定となり、後から変更することはできません。また、メーカーオプションも固定となるので、購入してから「やっぱりクルーズコントロールをつけたい」「やっぱりプリクラッシュが欲しい」というのもNGとなるのです。

 

※フロアマットやイルミネーション、コーナービューモニターなどの「ディーラーオプション」については、後から追加が可能です。

 

なので、未使用アルファードを買う場合は、はじめに希望するグレードとボディ色を決めておき、それに見合ったクルマを選ぶ必要があります。また、「クルーズコントロール」などのメーカーオプションについても、はじめから搭載されているクルマを選択することが大切なのです。

 

アルファードはグレードを問わず価格が高いですし、値引き交渉もうまくいくかわからないので、それなら初めから価格が安く、内容も新車と同等、そして保証もしっかり受けられる未使用車を狙っていくのはコストダウンのよい手でしょう。

 

注意点としては、できるだけ早く未使用車を探すということです。いくら市場に未使用車が出回っているからといって、希望のグレードが在庫切れということはありえます。早めに連絡しておけば、万一希望のグレードがなくても希望のグレードを探す予約を入れることも可能となります。

 

なびくる+の公式サイトはこちらです。
https://a-navikuru.com/sale