アルファードとライバル車を比較

ライバルの車種と競合の方法

新車値引きはライバル車競合が基本と言われます

 

しかし、トヨタ車の場合は同じ車同士を競合させる同士競合、相見積もりが鉄則となります。同士競合なしでは値引きが引き出せないほど、絶対不可欠の手法と言えるでしょう。

 

また、アルファードの場合はヴェルファイアという姉妹車があるので、アルファードVSヴェルファイアという姉妹車競合もとても有効です。名前は違いますが価格帯やスペックなどはほぼ同等なので、同じ車同士の競合と同程度の強い効果があります。

 

そうはいっても、トヨタの営業マンも同士競合されるのはわかっており、対策をたててくることがあります。また、中にはいつも相見積もりされるのでウンザリしてあまり話を進めてくれない営業マンもいます。そんなときに、ライバル車競合が役に立ちます。

 

「また相見積もりか」と思っているところで、急にライバル車の話を持ち込むと、交渉に刺激を与えることができるのです。ライバル車競合のみでは値引き交渉としてはやや弱いですが、マンネリ化した商談に風を吹かせるという意味では十分に役に立つのです。

 

注意点としては、ライバル車の詳細についてしっかり学んでおくことが一つ。そうしないと、「そのライバル車のどこが好きですか」と聞かれたときに何も答えられず、値引きしたいだけなのがバレてしまいます。また、ライバル車の見積もりも実際に取っておく必要があります。もし見積もりを取らないで「ライバル車が値引きできそう」などと言っても、営業マンもプロですから口だけだとすぐに見破られます。必ず事前にライバル車の見積もりをとっておき、実際にある程度の値引きをしておくことが、商談にリアリティを持たせるためにも重要です。

ライバル筆頭はエルグランド

 

400万円クラスのミニバンは国内でも数が少ないので、アルファードのライバル車というのは実はそれほどありません。高級路線で攻めるなら、日産のエルグランドがライバル筆頭となるでしょう。迫力のあるプレミアムミニバンとして人気があり、価格帯もアルファードと似ているため、比較対象としては十分です。

 

ただし、売り上げ・スペック・ブランド・人気などすべてにおいてエルグランドはアルファードに及ばないため、単純に「エルグランドと迷っている」とトヨタの営業マンに言ったところで「うちのアルファードのほうが断然いいですよ」と言われて会話が終了してしまいかねません。

 

もし競合させるなら、アルファードと異なる点をプッシュしなければいけません。スペックなどではアルファードにかないませんので、全高の低さをアピールしましょう。

 

エルグランドは全高1805mmとなり、アルファードの1895mmよりも約10センチ低くなります。これはどちらが優れているという話ではなく、好みの問題となるので攻めるポイントとしては有効です。

 

「エルグランドの方が全高が低いし、好みに合っている。しかも値引きも結構されそうだから、迷っている」などと言えば、さすがにトヨタ側も値引きなどで手を打たざるを得ないでしょう。

 

ただ、ハイブリッドのアルファードと比べる場合は注意が必要です。エルグランドに比べて、ハイブリッドアルファードは圧倒的に燃費性能が優れているので、さらにエルグランドが不利になるからです。全高の高さがどうのと言ったところで、まったく相手にされない可能性が高いでしょう。エルグランドと相見積もりするのは、ガソリンエンジンのアルファードと比較するときだけにしておきましょう。

 

オデッセイとの競合も面白い

 

オデッセイも一応ホンダの高級ミニバンですが、価格帯がアルファードに比べてやや安いため、正面からぶつけるのはやや難しくなります。

 

ただ、全高が1695mmとミニバンにしてはかなり低いのが特徴で、車高を低く抑えたいドライバーには支持されています。なので、エルグランドのときと同様、「オデッセイの方が全高が低いのが気に入っている」などといってアピールするとそれなりに効果があります。

 

ただいかんせん価格帯がオデッセイのほうがずっと安いほか、オデッセイは値引き幅も大きいので、「オデッセイにはかないません」とすぐに白旗を上げられてしまうことも多いです。交渉が煮詰まってどうしようもないときの最後の手段として、隠し持っておく程度でいいでしょう。メインの手法としては利用しないほうがいいです。

 

その他のミニバンとの比較は?

 

他にも、ステップワゴンやセレナ、フリードなどさまざまなミニバンが発売されていますが、アルファードと比べるとブランド性が違いすぎて基本的には相手になりません。営業マンからしてみれば、アルファードを買おうとしている人が、ステップワゴンと迷うなんてことはありえないことなのです。「値引きさせたいのかな」と思われて余計に警戒されてしまうのがオチなので、引き合いに出すのはおすすめしません。あくまで、ライバル競合させるのはエルグランドかオデッセイのみにとどめたほうがいいでしょう。