アルファードは安全機能も大幅に性能アップ!

さまざまな安全機能がドライバーを守る

今や、自動車の安全機能はドライバーから最も重視される要素の一つになりました。障害物にぶつかる寸前に止まる自動ブレーキ機能をCMで見かけた人も多いことでしょう。それだけ、安全機能の充実ぶりが売り上げに直結する時代になったということです。

 

アルファードでもそれは同じで、旧型に比べて大幅に安全機能がグレードアップしています。

 

まず第一に、全グレード共通でLEDヘッドランプが採用されました。また、アクセルを踏んだままシフトレバーを動かすと、エンジン出力を弱めて飛び出しを防ぐ「ドライブスタートコントロール」も全車搭載となっています。

 

さらに、ミリ波レーダーを搭載し、クルーズコントロールは全車速追従可能となっています。そのため高速走行中だけでなく、渋滞中でもほぼ自動運転のような感覚で快適なドライブが可能となりました。実はこれはトヨタ初となります。

 

ギアの入れ間違い、アクセルの踏みすぎによって急発進するのを防止する「インテリジェントクリアランスソナー」も8センサーとなっており、正確性を増しています。

 

圧巻はパノラミックビューモニターで、車体を透視するかのような視点が追加されており、インテリジェントパーキングアシストでは駐車位置を自動的に検知して切り替えしまでオートでこなすようになっているなど、世界でも類を見ないシステムを搭載しています。駐車場から出る場合も内輪差による接触を警告してくれるので、車体の大きなアルファードに乗っていても安心感があります。

 

エアバッグは7個搭載され3列目までしっかりカバー。もしものときの衝撃にも乗員全員が備えられる安全性能の高さを誇っています。

 

レーダークルーズコントロール

 

全車速追従のクルーズコントロール。ドライバーの操作は渋滞時の発進のみで、あとは追従~停車まで自動的にこなしてくれます。

 

シースルービュー付きパノラミックビューモニター

 

自動車を上から見たかのような視点は従来通りですが、新型アルファードからは車内視点で外を透かしてみたような視点も追加されています。これは世界初のシステムとなり、さまざまな場面で活躍します。

 

インテリジェントパーキングアシスト

 

新型アルファードではバージョン2となっており、超音波センサーとカメラ映像から駐車位置を自動的に設定するため、従来のアシストのような停止位置の設定が不要となりました。駐車時は切り替えしまで自動となるためドライバーの操作はほとんど必要ありません。