アルファードのインテリアとシートアレンジ

アルファードの室内はミニバン随一の高級感を備える

アルファードといえば、やはりなんといっても高級感のある室内の雰囲気が魅力です。旧型からインテリアはクラウン並みの存在感を放っていましたが、新型ではさらにプレミアム感が向上。インパネ周りはこれでもかというほどに作りこまれており、樹脂の質感や精度に至るまで上質なものに仕上がっています。

 

加飾部分もホログラム下地などが採用されており、天然以上とも思える木目が演出されています。オリーブアッシュパールに至っては量産車では世界初の3Dプリント技術を盛り込んでおり、本物と見間違うほどの立体的な木目が実現されています。

 

シートアレンジ

 

広い室内空間を持つアルファードだからこそ、さまざまなシートアレンジがほしい所。もちろん多彩なシート移動が可能となっており、さまざまなシートアレンジができます。目を引くのが助手席のロングスライド機能で、最大1160mm前後に動かすことができる点。本来の2列目よりも後ろに下げることができ、助手席の部分に広大な空間をつくることができます。

 

また助手席と2列目をジグザグに配置し、乗員全員が楽しく会話できる空間をつくることも可能です。家族で出かけるときだけでなく、友達みんなでアウトドアに出かける際などにも大活躍することでしょう。

 

その他の機能も充実

 

助手席にはQi(チー)規格のデバイスが配置されており、スマホを置くだけで充電できます。通常車内で充電する場合はソケットから電気を取り出して有線で充電するのが普通ですが、アルファードの場合はただ置くだけでワイヤレス充電が可能なのです。

 

面白いのが遠隔スライドドア開閉機能。キーを持って車に近づくと、自動的にキーが解除されるのまでは普通の車と同じ。アルファードの場合は、なんとそのままスライドドアが自動的に開放されるのです。ショッピング帰り、両手いっぱいに買い物袋を持っていても、袋を持ち替えたり地面に置いたりしてキーを出すことなく、スムーズに車内に荷物を置くことができるのです。

 

車内に配置されたルーフLEDランプの16色イルミネーションなど、遊び心のある機能も搭載されており、誰かに自慢したくなるのがアルファードなのです。